HOMEに戻る

Photoshop

解像度・画像モード

カラーデータ

解像度‥‥‥‥350dpi
画像モード‥‥‥‥CMYKカラー
※ RGBモードでご入稿の場合当社で変換いたしますが、色が沈んで表現されることがあります。ご了承の上ご入稿ください。

 

多色刷り・単色刷り

解像度‥‥‥‥グレースケール:600dpi、モノクロ2階調:600、1200dpi
画像モード‥‥‥‥グレースケール、モノクロ2階調

 

低い解像度で作成し作業後に解像度を上げてもきれいにはなりません。
はじめから原寸のサイズで解像度はそれぞれの解像度で作成してください。
pixels/cmの場合、容量が重くなりますのでご注意ください。
低い解像度で作成し作業後に解像度を上げてもきれいにはなりませんので、はじめから原寸のサイズで解像度はそれぞれの解像度で作成してください。  pixels/cmの場合、容量が重くなりますのでご注意ください。

ページTOPへ

作成サイズ

なるべく当社テンプレートをご利用ください。

基本的には縮小が必要ない原寸でご入稿をお願いしておりますが縮小も可能です。(総集編など)

テンプレートを使用しない場合は以下を参照してください。

表紙サイズ

|B5表紙|ヨコ:370mm × タテ:263mm + 背表紙(仕上がりに塗り足し上下左右各3mmを加えたサイズ)
|A5表紙|ヨコ:303mm × タテ:216mm + 背表紙 (仕上がりに塗り足し上下左右各3mmを加えたサイズ)

背表紙は以下の表を参考に加えてください。 (10P程度であればページが増えても問題ありません。)

  40P 60P 80P 100P 120P 140P 160P 180P 200P
上質70kg 2.0mm 3.0mm 4.0mm 5.0mm 6.0mm 7.0mm 8.0mm 9.0mm 10.0mm
上質90kg 2.4mm 3.6mm 4.8mm 6.0mm 7.2mm 8.4mm 9.6mm 10.8mm 12.0mm
美弾紙各色 2.8mm 4.2mm 5.6mm 7.0mm 8.4mm 9.8mm 11.2mm 12.6mm 14.0mm
美弾紙ライト・ノベルズ 2.2mm 3.3mm 4.6mm 5.8mm 7.0mm 8.0mm 9.0mm 10.0mm 11.0mm
画王113kg 3.7mm 5.6mm 7.5mm 9.4mm 11.3mm 13.0mm 15.0mm 17.0mm 19.0mm

別々に作った時

当社で配置致します。 天地と表1(表紙)・表4(裏表紙)がわかるようにデータ名を付けて保存し入稿してください。
またその場合、発注書に『とじ方向』を必ずご記入ください。

背表紙を背を表1、表4どちらからとるのか明記してください。
背幅が5mm以上になる場合は別ファイルで背表紙を作成してください。 ※背幅データにも塗り足しを作ってください。

本文サイズ

|B5本文|ヨコ:188mm × タテ:263mm(仕上がりに塗り足し上下左右各3mmを加えたサイズ)
|A5本文|ヨコ:154mm × タテ:216mm(仕上がりに塗り足し上下左右各3mmを加えたサイズ)

Photoshopの本文は『仕上がりサイズ+塗り足し』の画像サイズで作成されていればトンボなしでも大丈夫です。

Photoshopの作成サイズ

ページTOPへ

リッチブラック
カラー印刷で黒を4色すべて100%のベタで作成しないでください。乾燥不良や裏移りの原因となります。
インキの総使用量を300%以下を目安にして作成してください。※トンボを除く

リッチブラック

ページTOPへ

多色刷りデータの作成方法
保存形式

eps、psd、tifでのご入稿が可能です。

基本的にはeps形式で保存をお願いします。
レイヤーで分けて作成されている多色刷り表紙、箔押しデータの場合、画像は統合せずpsd形式でご入稿ください。

eps
プレビューは『TIFF(8bit/pixel)』(カラーの場合。グレースケールの場合は『TIFF(1bit/pixel)』)
エンコーディングは『JPEG-最高画質(低圧縮)』(一度epsに保存したら何度も保存し直さないでください。)
eps
 
psd
画像はすべて統合し不要なレイヤーやアルファチャンネルは削除してください。
(但しレイヤーで分けて作成されている多色刷り表紙や箔押しのレイヤーは統合しないでください。)
不要なものは削除

ページTOPへ

版ズレについて(トラッピング)

データ上ではズレがない場合でも紙の乾燥などによりズレが生じることがあります。

以下のような場合は背景のオレンジを太らせる(1〜2px)と防ぐことができます。

版ズレ

あまり太らせすぎるとスミだけの部分とスミと重なっている部分の差が目立つ事がありますのでご注意ください。

ページTOPへ

モアレについて

モアレとはアミ点同士の干渉により発生する模様を指します。

Aのように白と黒がはっきりした(0%か100%)であればモアレは発生しません。

B、Cではアミ点にさらにアミ点が入ることになりモアレが発生します。

その他Dの様なグレーの細い線にもモアレが発生することがあります。

モアレ

ページTOPへ

1pixelトーンについて

1pixelで表現されたトーンは画面上ではグレーに見えていても印刷すると細かすぎるためほとんどベタになってしまいます。

細かすぎるトーンは表現できないため、3pixel以上での作製をお願いします。

1ピクセルトーン

ページTOPへ

その他
本文印刷のグレースケールでは0〜10%、90〜100%の濃度は再現できません。
ベタに白ヌキ文字で明朝体を使用されている場合、書体によっては横線が潰れてしまう可能性があります。
他の書体にして頂くか横線が太めの明朝体をご利用ください。
テキストはアンチエイリアスなしの方が文字が見やすく仕上がります。
アンチエイリアス

ページTOPへ

 


TOPへ戻る