HOMEに戻る

FTP入稿

FTP入稿とは

データ原稿をインターネットを利用し入稿するシステムです。

FTPソフトを利用し当社サーバへアクセスし原稿をアップロードできます。

ページTOPへ

入稿の流れ
パスワードの請求 ご予約フォームの入力時に入稿方法を“FTP入稿”を選択、またはFTP入稿申し込みフォームよりお申し込みをお願いします。
当社の休日はID・パスワードをお送りできません。
当社営業時間内に頂いたお申込は当日にお返事するようにしていますが入稿日の3日営業日前までにお願い致します。
 
パスワードの到着 フリーメールご利用の場合、お返事が届かないことがあるようです。
なるべくプロバイダのメールアドレスからお申し込み頂けるようお願いします。
表紙先行入稿で引き続き本文を入稿される場合は↓と同じ作業で本文をご入稿ください。
(発注書は再度送付ください。)
データのアップロード この際必ずデータを圧縮して下さい。
・ 文字化けを避けるためファイル名は英数字のみとしてください。
・データの容量が大きいときにエラーが出る場合があります。 容量が大きい場合はいくつかにデータを分けてご入稿ください。(20MB程度 )
 
発注書の送付

データと発注書が揃った時点でご入稿となります。
発注書と一緒に『データ入稿情報』、見本(ある場合)も一緒に送付ください。

発注書の送付方法
・アップロード後、FAXまたはメール添付(2MB程度まで)で送信
・入稿データと一緒に発注書等のデータをアップ、アップ完了のメールを送信
・郵送など発注書を送付
※この場合、入稿日の正午までに当社に届くよう手配をお願いします。
アップロード後に発送された場合、当社に発注書が到着した日が入稿日となります。

発注書は入稿毎に必ず送付ください。表紙先行入稿で発注書を送付済みの場合でも本文入稿時に再度発注書を送付ください。

 
入稿受付メールの到着

データと発注書を確認しましたら入稿受付メールをお送りしております。
翌日までにメールがない場合はお手数ですがご連絡をおねがいします。

会社の休日にご入稿された場合はお返事は翌営業日となります。
また締め切り日など入稿が集中した場合はお返事が遅くなる場合がございます。ご了承ください。

 
入稿完了! 表紙先行入稿で引き続き本文を入稿される場合は『データのアップロード』から『入稿完了!』まで同じ手順で本文をご入稿ください。(発注書は再度送付ください。)

 

ページTOPへ

見本について
出力見本はFAX(縮小は50%程度まで)や、コンタクトシート等でなるべく送って下さい。
この場合はあくまで出力見本となります。色見本や詳細に確認を希望とされる方は出力したものを宅急便、郵便などで発送してください。
出力見本を頂かなかった場合は当社の環境でそのまま作業を進めさせていただきます。
また以下の場合は必ず出力見本をおねがいします。
・Illustratorに画像を配置している場合
・Word、一太郎の場合は前書きや後書きと文書の前後2ページ分
FAXで送られる場合で20枚以上になるものはなるべく郵送等でお願いします。
 

ページTOPへ

おすすめソフト
  Windows Macintosh
圧縮ソフト Lhaplus MacLHA
StuffIt Expander
転送ソフト FFFTP Fetch
(シェアウェア)

 

ページTOPへ

その他注意点
入稿後(アップロードと発注書送付完了後)のデータ差し替えは基本的にお受けしておりません。
差し替えが必要となった場合は営業時間であれば必ずお電話にてご連絡ください。
既に作業を進めているデータに関してお受け出来ないのでチェックされた上でご入稿ください。
自サーバアップでも入稿可能です。
手順は『データのアップロード』以下オンライン入稿と同じになりますが入稿データと発注書を一緒にまとめた場合は別途メールをお願いします。
こちらの場合でも受付完了のメールがない場合ご連絡をおねがいします。
 

ページTOPへ

FFFTPの設定

1.新規ホストを選んでください。

 

2.「ホストの設定」→ホスト名(IPアドレス)、ユーザ名(IDアドレス)、パスワードを入力してください。

 

3.「拡張」→「PASVモード使う」にチェックを入れてください。

 

最新版FFFTPをお使いの場合は以下の通り設定してください。

ページTOPへ

 


TOPへ戻る